住まいのQ&A

Q1 コンクリートのひび割れが心配なのですが

A
鉄筋コンクリート住宅のイサホームが採用している壁式構造およびラーメン構造は建築基準法で明確に定められた基準を遵守した上、さらに「ふかし」(制作上の誤差を吸収するための余裕)を2cmとってあります。鉄筋は強固な2重配筋によって施工していますので、構造上の心配はありません。

Q2 重い物を持ち込んでも大丈夫でしょうか

A
鉄筋コンクリート住宅のイサホームは鉄筋コンクリートをそのまま活かした床構造を採用することにより、集中的な荷重がかかったとしても問題になることはありません。その強度は1平方メートル当り、なんと180kg。8帖の部屋で約2.4トンもの加重に耐えることができる計算です。もちろん、事前にわかっていればそれ以上の強度を持たせることも可能です。これもコンクリート住宅ならでは、です。

Q3 現場打ちコンクリートは、品質にムラがあると聞きますが?

A
工場で作る規格パネル製品ではない現場打ちのコンクリート打設には、十分に注意を払い、厳重なチェックとコンクリート強度の確保・養生をしっかりと行っています。また打設したコンクリートは、第三者検査機関にて検査・報告書の作成をして品質管理に努めています。コンクリートの綺麗な仕上がりには、打設・型枠がすべてであり、弊社が長年培ってきた技術で取引先からも信頼をいただいています。

Q4 保証はどうなりますか?

A
平成21年10月1日から、新築住宅には瑕疵担保責任を明確に履行するための保険への加入が義務付けられました。この瑕疵保険には、構造耐力上に必要な部分、雨水の浸入を防止する部分において保証します。
それとは別に、3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月の定期点検もおこなっています。また、クロス・床・ドアの調整など何か問題が発生すれば、点検とは別に早急にメンテナンス工事ができる体制にしています。

Q5 木造の質感にこだわりがあるのですが

A
鉄筋コンクリートの安全な躯体ベースに、本格的な木造と何ら変わらないデザインで仕上げる事が可能です。もちろん内装材として木材をふんだんに使用することができますから、和室はもちろん木質感あふれた居室空間が実現します。

Q6 夏は涼しく、冬は暖かですか

A
鉄筋コンクリートには外気温の変動に対して、室内側の変動をゆるやかにするという効果があります。鉄筋コンクリートは木造に比べ熱保有量が25倍もあります。(断熱材を使用せず、当社計算値)熱保留量が高い分、外気温の変動による影響が少ない住空間を実現しています。

Q7 大きく広がる居室や吹き抜けなども可能でしょうか

A
もちろん可能です。イサホームの壁式構造は、壁という面で構造体を構成しています。ですから柱や量の影響を受けることもなく6mという大スパンも可能となりました。

Q8 鉄筋コンクリート造の方が木造よりコストがかかるのではないでしょうか

A
形状にもよりますが、建設費は確かに木造より高くなります。ただこの差は、鉄筋コンクリート造が木造より耐震性や耐久性・耐火性等が優れている点を考えれば、決して大きいものではありません。また法定耐用年数が木造が22年・鉄筋コンクリート造が47年であり、建替えのサイクルまでふくめた長期的な考え方をすれば、むしろ鉄筋コンクリート造の方が割安です。

他にも、「RC住宅のメリット(http://isa-home.jp/rc/rchouse.html)」で紹介していますが、火災などの保険やメンテナンス費用も抑えられるので、ランニングコストもお安くなります
モデルハウスご案内 無料建築相談・資料請求 建築ブログへ IsaHOMEスタッフブログ RCデザイン住宅 WEBショウルーム

施工エリア

・福岡エリア

福岡市、春日市、大野城市、太宰府市、那珂川町、宇美町、志免町、粕屋町、須恵町、筑紫野市、糸島市(前原市、志摩町、二丈町)、新宮町、古賀市、福津市、宗像市、久山町、篠栗町、筑前市、朝倉市、小郡市、太刀洗町、久留米市、うきは市、広川町、八女市、大川市、筑後市、八女市、飯塚市、桂川町、嘉麻市、宮若市、小竹町、鞍手町、直方市など

・佐賀エリア

佐賀市、鳥栖市、神崎市、基山町、上峰町、みやき町、吉野ヶ里町、川副町、東予賀町、久保田町など

その他のエリアもご相談ください。

・RC住宅
・RC構造
・鉄筋コンクリート住宅

いろんな呼ばれ方がありますが、RCとはCreinforced Concreteの略で、RC住宅は鉄筋コンクリート住宅と同じです。

会社概要

株式会社 伊佐工務店
〒818-0134
福岡県太宰府市大佐野807-47
TEL:092-928-3423
FAX:092-922-8267

>>もっと詳しく